もふりーとの飲んだくれ日記

もふりーとの日々のお酒、お料理の記録を残すブログです。美味しいお店の備忘録、飲んだお酒の備忘録も兼ねています。

2021/2/24 魚武


給料日前の水曜日。安く飲めるお店で済ませるのもいいですが、やっぱりちゃんと推せるお店を応援したくもあり。

ということで今日は「魚武」さんにお邪魔します。今年の年始ぶりだっけな。


f:id:mofureet:20210224193830j:image

まず一杯目、明尽 純米大吟醸から行きましょう。爽やかな香りが特徴、何となく甘さも感じて桃っぽい?口に含むと膨らみのある香り、苦味もほんのりと。


f:id:mofureet:20210224193900j:image

お通しは湯葉刺し。もふりーとさんの大好物でとても嬉しい。分厚く切られてて一見豆腐かな?と思ったけど、口に入れるとほどけてちゃんと湯葉


f:id:mofureet:20210224193922j:image

きゅうりの浅漬け。ほんのりと辛い。その辛さが口の中に広がり、かつ漬かりが浅くて歯応えがあるので、サクサクと食べれてしまう。


f:id:mofureet:20210224193935j:image

スズキのお刺身。この輝きとこの身の厚さよ。微かに歯ごたえも感じさせつつ、ねっとりした食感で旨味が強い。やはりこの店で食べる魚は美味しいですね。


f:id:mofureet:20210224193949j:image

厚揚げ。もふりーとはこのお店が仕入れている岩崎豆腐店の豆腐が結構好きで、この豆腐を食べるためにここを推しているとも言える。外カリッと中トロッ。この塩梅が絶妙なのだ。


f:id:mofureet:20210224194033j:image

二杯目、新政 エクリュ。ほのかに炭酸を感じますね。そして新政らしく旨味が強い。その中にくんっと香ってくる香味があります。


f:id:mofureet:20210224194112j:image

三杯目、同じく新政のNo.6 Type-R。わーい口開けだ。こちらも微炭酸なんだけどエクリュよりはキレがあり、香味が穏やか。


f:id:mofureet:20210224194142j:image

四杯目は飛露喜 特別純米酒。ある時にはあるんですよねぇ、ありがたいことに。この酒はどのタイミングでどこで飲んでもまず美味しい。だからレアなんですが。


f:id:mofureet:20210224194159j:image

鯛めし。鯛のアラでとった出汁で炊いたご飯の、この光り輝く様よ。鯛の身もしっかり入って実に美味い。


f:id:mofureet:20210224194207j:image

そしてこれに薬味を乗せて鯛のアラでとった出汁を更にかけて鯛茶漬け。美味しくないわけがない。


f:id:mofureet:20210224194232j:image

ラストはソガペールエフィス。ワイナリーが作ってる日本酒だから、若干白ワインっぽさもありますね。ぶどうのニュアンス。そして酸味と旨味のバランスがすごく取れている。

 

うーん、やはり魚武さんは美味い。

「おやじの隠れ家」という銘に違わず隠れ家的なお店ですが、中は本当に小料理屋という感じ。レベルが高いです。

もっとすこっていきたいんだけどなー、もふりーとの地元はすこりたいお店が多すぎる。

ともあれ今日はこの辺で。

2021/2/20 酒洛

今日は土曜日。こういう日は早いうちから外に出歩いて飲みに行きたいですが、情勢が情勢だしそうもいかない。

とはいえお店に行けるなら行きたいのが飲み歩き人の人情と言うもの。ということで高田馬場まで足を伸ばして馴染みの「酒洛」さんへ。

今日はかなりの人入り、ほぼ満席かな?土曜日ですものね。

 

ここのお店は日本酒がとにかく強いので、もふりーとは徹頭徹尾日本酒で楽しみます。ほんと、常設メニューだけでも40種類近く置いてるし、そのうち30種類は120ml600円で価格統一だし、そこに季節限定のおすすめ酒が10種類くらい加わる。前は土風炉高田馬場店とタメ張るくらいでしたけど(セルフ飲み放題の充実もあって土風炉に軍配が上がってた)、土風炉が撤退した今では間違いなく高田馬場で一番日本酒がある店だと思う。


f:id:mofureet:20210220193102j:image

まず一杯目、手元にファーストドリンク無料券が2月末までの期限であるのでそれを使う。これも日本酒使えるんですよ、常設メニューのやつなら。

ということで出羽桜 吟醸酒 桜花。辛口ではあるけれど、その中にほのかな甘みと香りも感じますね。


f:id:mofureet:20210220193115j:image

お通しはないのでスピードメニューから一品。きゅうりの一本漬け。この一本漬けが漬かり具合強くなくて食べやすくて好き。嫌味がなくて良い。


f:id:mofureet:20210220193131j:image

栃尾の油揚げ焼き。これが常設メニューにあるから有り難い話です。いつでも食べられる。特に何かを挟んではいないのだけど、ネギがてんこ盛りなのでその辛味で食わせてくる。


f:id:mofureet:20210220193210j:image

二杯目は紀土 純米吟醸。飲み疲れのしない、飲みやすくどの料理にも合ういいお酒です。もふりーとは前回このお店で一升分サービス頂いた時、紀土を選択したくらいには好き。


f:id:mofureet:20210220193231j:image

トロトロ牛すじ煮込み。ここの牛すじ煮込みは本当に牛すじ肉がたんまり入っている。牛すじ肉と大根とネギしか入ってないのでは?というくらい。一般的な牛すじ煮込みは根菜の旨味で食べさせるけど、ここのは牛すじの脂で食わせてくる。


f:id:mofureet:20210220193248j:image

三杯目の日本酒は菱湖 辛口純米。辛口純米らしくスッキリして飲みやすいお酒なんですが、特徴的なのはそのガス感。火入れしてあるお酒なのにガス感があるんですよ。口の中にピターッと貼り付くようなガス感がある。これは新感覚です。


f:id:mofureet:20210220193309j:image

フードメニューがラストオーダー。このタイミングでじゃこピーを頂きます。油で炒められたちりめんじゃこにピーナッツ、これが美味い。


f:id:mofureet:20210220193319j:image

四杯目、久保田 純米大吟醸を普通サイズで。萬寿や千寿が有名な久保田ですが、それとは別で出ているこの純米大吟醸もすごく美味しい。スッキリしつつ旨味強くて、苦味が鮮烈で切れがよく、非常に満足度の高いお酒です。


f:id:mofureet:20210220193331j:image

五杯目、このタイミングでアルコールもラストオーダー。ゴールドカードがまだまだ使えるので、それを使って銀盤 純米大吟醸  播州50を一合。これも期限がありますからね、使えるうちに使わないと。

 

というところで今日はここまで。

相変わらずいいお店ですし、人気のある店ですし、大事にしていかないとなーと思わされるお店です。

高田馬場がご近所の方は是非行ってみてほしいなー、ウーバーイーツなんかも最近対応したそうだから。

2021/2/18 鳥元

今日は会社に出勤する日でした。

会社に出てこれる日ということはあまり時間をかけずに都心のお店に出てこれる日、と言うこともあって、通勤時間の部分を鑑みても楽しみにしています。

なので今日は前々からの行きつけにしている「鳥元 麹町店」さんにお邪魔しました。

「鳥元 麹町店」さんはもふりーとの職場の直ぐ側にあることもあって前々から利用させていただいているんですが、フリー飲み放題はあるし、フリーWi-fi通ってるし、料理美味しいし、店員さんの対応がいいしで、すっかり常連になってしまったのですよね。


f:id:mofureet:20210218202639j:image

そんなこんなで今日もいつものようにフリー飲み放題をプラチナ飲み放題で利用。一杯目はたかちよ 青ラベル。うすにごりで旨味の強いタイプ。まったりしたお料理によく合います。

お通しはいつものように大根おろしの甘酢がけ。サービスのレバーパテも。


f:id:mofureet:20210218202653j:image

ごま塩きゅうり。黒いの、何かと思ったらこれ塩昆布ですね、細かくカットされてある。ミルで挽いたりとかしたのかな?塩昆布のおかげで塩気に複雑さが加わっていてとても美味。


f:id:mofureet:20210218202718j:image

エイヒレ炙り。普段はあまり頼まない品ですが、時短営業の影響でフードメニューが縮小されているんですよねー。なので若干仕方なく頼んだんですが、このエイヒレがまた場持ちがいいんですよ。冷めても美味しいし食感を損なわない。これは良い。


f:id:mofureet:20210218202732j:image

チキン南蛮。今日はタルタルソースのピクルス感がちょっと強いかな?酸味の強い味わいです。さっぱりしている。


f:id:mofureet:20210218202743j:image

二杯目の日本酒は山形正宗 辛口純米。おおー、いい色合い。そしてキャラメルのような苦味と香りがします。単体で味わい深いお酒。いいのかなこれ飲み放題で貰っちゃってるけど。


f:id:mofureet:20210218202753j:image

三杯目、ラストオーダー間際に鳳凰美田 劔純米辛口をいただく。こちらは系統としてはさっきの山形正宗と同じ感じではあるんだけど、スッキリ澄んでいて綺麗な味わい。このスルスル飲めちゃう感じが怖いんですよね。飲みすぎ注意。


f:id:mofureet:20210218202809j:image

ご飯ものの上がりも。親子丼系がハーフサイズに対応しているとのことなので、鶏唐揚の親子丼をハーフサイズで。普通の親子丼だったら鶏肉がもっととろっとしているところを、唐揚げにすることでカリッと感も両立した親子丼になっています。カツ丼のカツの衣がカリッとしているような感じ。うまし。


f:id:mofureet:20210218202819j:image

飲み放題のラストでもう一杯。澤乃井 大辛口。最後にピシーっと決めるにはこれが一番締まるのですよね。辛さが澄んでて引き締まる。

 

フードメニューを縮小してるのにこんなに楽しめるって辺り、ほんと鳥元さんというお店のポテンシャルを感じずにはいられません。

あーもう、大好き。またお世話にならなくちゃ。

ということで今日はここまで。

2021/2/16 鳥良商店

昨日に更新し忘れて、今日もお店に行ってるので一日に二度更新です。

今日は花小金井の駅前にある「鳥良商店 花小金井北口店」にお夕飯に来ました。

ここ、タッチパネル注文だしお水が氷なしで頼めるので、日本酒飲むにあたって都合がいいんですよねー。とても好き、日本酒飲みとしては。


f:id:mofureet:20210216194411j:image

一杯目の日本酒は銀盤 特別本醸造本醸造のわりには飲みやすく、軽い口当たりです。やはりこのへんは銀盤ですね。


f:id:mofureet:20210216194424j:image

お通し代わりのスピードメニューはセロリの浅漬。もうこれも定番メニューになってるな。浅めの浸かり方をしているので食べやすい。


f:id:mofureet:20210216194437j:image

鶏の鍬焼き。鍬形の鉄板の上で鶏肉が炭火焼きにされてます。これがまたアツアツ、プリプリで美味いんですよ。

ふくの鳥さんでも看板メニューになっていますが、あちらとは違った旨味です。


f:id:mofureet:20210216194449j:image

水餃子。食べるラー油がたっぷりかかっています。ツルンと食べれる。そして食べるラー油の辛さがそこまで辛くないので、程よい辛味が口に残ります。餡の肉汁もたっぷり。


f:id:mofureet:20210216194459j:image

二杯目は澤乃井 辛口。うーん、このキレのいい辛口感。やはりこういう時に澤乃井は美味い。シンプルに辛くて美味いです。


f:id:mofureet:20210216194509j:image

三杯目は鳥良 純米酒。このチェーンのオリジナルのやつなんだろうな。結構香味とひね味がある。


f:id:mofureet:20210216194521j:image

上がりの品は鶏皮の焼き。もうカリッカリのパリッパリ。それでいて鶏皮の旨味がちゃんと残ってる。食感だけの鶏皮焼きでないのはいい感じ。

 

うーん、やっぱり美味しいな鳥良商店。規模の大きな居酒屋チェーンではラムラ系列、ダイナック系列と同じくらい好き。

タッチパネル注文がかなり洗練されてるから、大事にしたいなー。

今日はこの辺で。

2021/2/15 久米川漁港

本当は昨日のうちにアップしようと思ってましたが、アップし忘れてました。

月曜日からまた仕事が始まり。気圧の急降下で叩きのめされ、そして小説のコンテストでものの見事に惨敗。

悲しみと疲れを吹き飛ばすべく、「久米川漁港」さんに飲みに来ました。


f:id:mofureet:20210216164426j:image

今日は一杯目から屋守を行きますよ。純米おりがらみ 生。この酒を飲むと冬だなーといつも感じます。もう暦の上では春だけど。

果実味の強い香りと、細やかでなめらかな澱が特徴です。やっぱり香りはパイナップル。


f:id:mofureet:20210216164537j:image

今日のお通しは、なめこおろし。あまり好きではないタイプのお通しなので、一気にガッとかきこみました。なめこ、あまり好きでなくて……


f:id:mofureet:20210216164548j:image

枝豆。久米川漁港さんの枝豆は冷たい状態で出てくるやつ。冷たい枝豆って意外と場持ちがいいんですよ。時間をおいて食べても美味しいから、長く楽しめる。


f:id:mofureet:20210216164616j:image

揚げ出し豆腐。この大きさ、すごいですね。そして石焼の器に入って熱されて出てくるので、つゆがグツグツ言っている。このアツアツなのがたまらないんですよねー。衣はトロトロの、片栗粉多いタイプ。


f:id:mofureet:20210216164659j:image

熱燗を行きましょう。千寿舞を一合。一合400円行かない安酒ですが、これがなかなか美味しいのである。熱燗にすると程よく香りが立って、味に厚みが増す。

このお店は湯煎で丁寧に燗をつけてくれるので好き。


f:id:mofureet:20210216164723j:image

ポテトフライ。至極シンプルなシューストリングポテトに、塩を振ってケチャップを添えたオーソドックスなもの。このシンプルさがいいんですよねー。ただこの日は時間内に食べきれず、残りをテイクアウトしました。


f:id:mofureet:20210216164742j:image

天吹を冷で一合。香りが良くてスルスル飲める酒ですね。飲みやすい、そして美味しい。


f:id:mofureet:20210216164802j:image

〆はカレーライス。ここのカレーライスが地味に好きなんです。なんかこう、レトルトカレーにある万人受けする旨さがあって。程よく辛く、程よく甘く、こっくりとした旨味がある。こだわったカレーもいいですが、こういうカレーを食べるとホッとするんですよねぇ。

 

ここで今日はラストオーダー。食べ終わってお会計をしたら、ファーストドリンクが100円になるクーポンを貰いました。でも日本酒には使えないとのことだから、何か別の酒を頼むかな。

というわけで今日はここまで。

2021/2/10 一休

明日は祝日、その翌日の金曜日は有給休暇を取って四連休にしたもふりーとです。やっふい。

気持ちも晴れやかに仕事を終えて、今日は「一休」でお夕飯にしましょう。


f:id:mofureet:20210210190852j:image

一杯目の日本酒は九頭龍を一合、冷やで。さらりとしつつ旨味が強いお酒で嫌味が少なく、一休さんに置いてある酒の中では特に好きです。お通しは安定の枝豆。


f:id:mofureet:20210210191104j:image

まずやってきたのはローストビーフ。醤油とタマネギベースなソースがしっかりかかったお肉です。肉は薄いけれどちゃんと肉感がある。


f:id:mofureet:20210210191054j:image

大根の唐揚げ。いわゆるおでん大根で、煮込まれ火が通った状態で唐揚げにされてます。なのでトロトロ。しかもこの唐揚げ、会員価格で190円なんですよ。安い。


f:id:mofureet:20210210191115j:image

伝説の手羽先。今日はジャンクで6本いただきます。これだけ他より少し高い。秘伝のスパイスはそこまでスパイシー、というわけではなく、食べやすいレベルに刺激的。これは手が伸びますね。とりいちず酒場さんのチキンボーンとは辛さの方向がちょっと違うかな。


f:id:mofureet:20210210191128j:image

沖正宗 淡麗辛口を大徳利で。いつまで460円フェア続くんでしょうね。安定して日本酒らしく美味しい。


f:id:mofureet:20210210191151j:image

和風クリームチーズ。ダイスカットされたクリームチーズに出汁醤油、鰹節、海苔がかかってます。そんなに醤油感が強くないので、結構クリームチーズ食べてる感覚が強い。


f:id:mofureet:20210210191202j:image

ポテトフライ ケチャップ。これを上がりの品として食べつつ。やはり外れないですね、ケチャップ添えたフライドポテト。櫛切りなのもいいポイントです。

 

やはりこのお店は安くて具合がいいですね。そろそろチェーン内の他のお店にも行ってみたいが、このご時世だしなー。

ともあれしっかりお金を落としていきたい次第です。

今日はこの辺で。

2021/2/9 ふくの鳥

緊急事態宣言が延長になったから、推し店もディナー営業をやめていたりそもそも休業していたりして、折角都心まで出てきて仕事をしたのに楽しみが減ってしまってつらいですよね。

ということでインスタチェックしてやってることを確認した上で「ふくの鳥 飯田橋店」にお邪魔します。


f:id:mofureet:20210209214223j:image

ここはお店指定の銘柄を一杯目の日本酒にすることで、その銘柄が一杯100円になるサービスをやっている。だからもふりーとの一杯目は決まってお店指定です。今日は大七 生酛。


f:id:mofureet:20210209214237j:image

お通しは揚げ鶏の玉子とじ。この店は揚げ鶏の美味さが群を抜いていて、カラリとした衣とジューシーな肉の味わいが絶妙にバランスを取っている。そしてこの衣は素揚げしているからか水気を吸わず、カラッとした状態を保ちながら出汁や玉子と絡むのだ。

もうこの玉子とじの美味しいこと美味しいこと。2020年度美味いお通しランキング一位に燦然と輝くレベルですよ。


f:id:mofureet:20210209214251j:image

冷やしトマト。わーい塩がたっぷり、しかもマヨネーズが添えられていない。分かっていますねー。トマトの味も濃くて美味しい。


f:id:mofureet:20210209214300j:image

絶品レバー。ふくの鳥の看板メニューの一つであるこの鶏レバーは、いつ食べても本当に美味い。もうこのチェーンの鶏レバーが美味しすぎて、他の店でレバー食べても満足できない身体になってしまった。


f:id:mofureet:20210209214309j:image

タルタルチキン南蛮。揚げ鶏の美味しさはお通しの部分で説明しましたが、こいつはそこにタルタルソースがたっぷりかかって出てくる。しかもこのタルタルソースがすごく美味しい。ジャンキーな風味でありながら旨味が強いのである。

一度食べてみてほしい。吹っ飛ぶから。


f:id:mofureet:20210209214319j:image

二杯目の日本酒、ちえびじん 純米大吟醸 彗星。にごり酒ですね。結構澱が濃いのだけど、苦味はほぼない。旨味と甘味に寄ってる感じ。しっとりと美味いタイプのお酒です。


f:id:mofureet:20210209214631j:image

三杯目は宮泉 純米にごり 生。写楽を醸している蔵のお酒です。こちらは先程のちえびじんと異なり、炭酸感が強い。同時に苦味が寄ってくるタイプですね。


f:id:mofureet:20210209214646j:image

ラストオーダーの間際で四杯目、宮坂。これも生酒ですがにごりではないタイプ。

味のバランスが高いところで整っていて、非常に美味い酒です。酸味がちょっと強いから、チキン南蛮についてきたレモンの香りとよくマッチする。


f:id:mofureet:20210209214658j:image

上がりの品として鶏スープかけご飯。このいわゆるスープ茶漬けがめちゃくちゃ美味しいの。さらりとしながら鶏の旨味はガンと出ていて、そこにネギの辛味と鶏肉の旨味。しかもごはんがスープを吸っていくんだ。もったりしたごはんをさらさらかきこみながら日本酒の残りをクイッとやる。最高。


f:id:mofureet:20210209214618j:image

ラスト一杯は奈良萬。これも季節ものだそうです。しかも口開けだーやったー。

生酒の口開けなので炭酸がピリリと刺激感。そしてあとから強く穏やかな旨味。これ、抜栓して氷温で置いて炭酸感が落ち着いたら旨味全押しの酒になりそうな?

 

やはりふくの鳥さんは安定して美味しいのでありました。今日もいい経験ができた。

ということで今日はここまで。